■ K'S BBS v1.0 ■ 
 スクリプトの概要
  • このスクリプトは、アイコン画像有無・テーブル有無の選択が出来るマルチタイプの掲示板です。

  • 掲示板の設定が、全てブラウザー上から可能です。

  • 管理者及び記事投稿者による記事削除機能を付加してあります。

  • ワード検索が可能です。

  • アイコンを使用する事により、文字だけの掲示板に比べ、見栄えする掲示板になると思います。

 設置例
サンプルはこちらです。

 必要なファイル
  • 掲示板スクリプト( ksbbs.cgi )

  • 環境設定スクリプト( config.cgi )

  • 投稿記事保存用ファイル( board.log
    空のファイルが必要です。

  • カウント数保存用ファイル( board.cnt
    空のファイルが必要です。

  • 環境設定保存用ファイル( board.cfg

  • イメージ画像(m1.gif,m2.gif,m3.gif,m4.gif,m5.gif,w1.gif,w2.gif,w3.gif,w4.gif,w5.gif )が別途必要です。
    また、画像ファイル名は同一にして下さい。

    KS BBSに使用のイメージ画像は きままにGO さんのサイトから提供頂きました。

  • 日本語変換ライブラリ( jcode.pl

  • 必要ファイルの一括ダウンロード( ksbbs.lzh

 設置方法
  • まず、スクリプト・各保存用ファイル・日本語変換ライブラリを適当なフォルダにアップロードします。

  • 次に、img フォルダを作り、そこにアイコン画像ファイルをアップロードします。

  • スクリプト本体・投稿記事格納用ファイル・日本語変換ライブラリのアクセス権を変更します。

    スクリプト本体( ksbbs.cgi,config.cgi ) ・・・ 755
    データ保存用ファイル( board.log,board.cnt,board.cfg ) ・・・ 666
    日本語変換ライブラリ ( jcode.pl ) ・・・ 755

  • 次に、HTMLファイルから掲示板へ飛ばしたい箇所に下記のタグを追加します。

    <a href="ksbbs.cgi">掲示板へ</a>

    但し、上記の例の "ksbbs.cgi" は、HTMLファイルと "ksbbs.cgi" が同じフォルダにある場合の設定例です。
    違うフォルダにある場合は、HTMLファイルから見た "ksbbs.cgi" のパスを指定して下さい。


尚、CGI設置に伴うご質問等は、サポート掲示板へお願いいたします。
メールでの質問はご遠慮下さい。

サポート掲示板はこちら